長野県の田舎暮らし

長野県の田舎暮らし

長野県での田舎暮らしについて調べてみました。
田舎暮らしに憧れる理由はいくつも思い浮かびますが、やはり都会の喧噪から離れ、また流れる時間もゆったりとした中で田舎暮らしをしてみたいというのが一番の理由でしょう。
そういう時、アルプス連山と高原に代表される長野県は、田舎暮らしのイメージに最もなじむ土地かもしれませんね。
都会から離れてのスローライフや田舎暮らしは、都会では得ることの出来ない多くのものを得る事が出来ます。
美しく豊かな自然に抱かれた日本の原風景長野県「信州」をご紹介します。
長野県は、本州中部に位置する、日本において、内陸側に位置する数少ない県です。
長野県は自然が豊富であり、地域医療への関心も高いことから平均寿命も長い長寿県です。
かつての信濃国にほぼ相当するので、一般に「信州」(しんしゅう)と呼ばれることが多く、特に観光ガイドでは「信州」と呼ばれています。
「信州」で住む・働く・遊ぶ…といった田舎暮らしを夢見ている方は多いことでしょう。
八ヶ岳の高原に広がる原村は、移住者が絶えない田舎暮らしの人気スポットになっています。
この原村の取り組みを、TBS系全国ネットで放送される「来た!見た!泊まった!田舎暮らし最前線」という番組で紹介されました。
そこでは、移住者の実績(人口は毎年50人増加)が物語る長野県原村の暮らしやすさの秘密や、「住んでみたい」「住んで良かった」「住み続けたい」というのがうなずける内容で、長野での田舎暮らしの魅力が紹介されていました。