茨城の田舎暮らし

茨城の田舎暮らし

茨城での田舎暮らしと聞いても、あまりぴんと来ないかもしれません。
しかし、田舎暮らしの人気スポットとして、最近注目されているのが、関東の一県であり、東京からも2時間ほどで、大自然とまでは行かないが利便性と自然を兼ね備えた、都会から近い田舎の茨城(いばらき)なのです。
長距離通勤のぎりぎり圏内でもあるこの都心との近さが、いきなり僻地と言われるような田舎での暮らしにはちょっと不安を感じると言う層の人にとっては魅力のようです。
完全にかの地に溶け込んで暮らすという定住型の田舎暮らし以外にも、都会と田舎を行ったり来たりの二地域住居型の田舎暮らしや、旦那さんは単身田舎暮らし、奥様は週末にだけ合流するといった半別居型の田舎暮らしなど、様々なライフスタイルに合わせた田舎暮らしが実現できるのも、茨城の田舎暮らしの人気でしょう。
茨城県の県庁所在地である水戸市は、東京から100km圏、新路線開通で上野からわずか65分と東京に近く、その周辺地域は青い海と白い砂浜、全国でも珍しい汽水湖である「涸沼」、琵琶湖に次いで広い湖である「霞ヶ浦」、他にも海では「大洗海岸」など豊かな自然に恵まれています。
茨城の気候も温暖で自然災害も少なく住みやすい地域です。
千葉房総と似た雰囲気の茨城・大洗周辺地域で、海や川、湖に囲まれた環境で釣りを楽しむ田舎暮らしを思う存分味わいたいと言う人も多いのではないでしょうか。
関東の一件で都心にも交通便利な茨城での田舎暮らしも候補として検討してみてください。