那須の田舎暮らし

那須の田舎暮らし

熟年夫婦の田舎暮らしを紹介する「人生の楽園」というテレビ番組が人気となっていますが、ストレスの多い現代社会では、都会の喧騒を離れて、のんびり田舎暮らしを楽しみたいと考えている方も多いことでしょう。
那須(なす)は、栃木県北東部、那珂川上流一帯の地域名です。
現在の行政区画ではおおよそ大田原市、那須塩原市(旧黒磯市・西那須野町・塩原町の新設合併により発足)、那須烏山市(旧烏山町・南那須町の新設合併により発足)、那須郡(那須町、那珂川町)にあたります。
東京から東北新幹線で那須塩原まで約70分、東北自動車道浦和ICから那須ICで約120分。
全国一の数を誇る別荘地として有名ですが、那須は開拓時代からの牧場や田畑が広がる、のどかな農村地帯でもあります。
落ち着いた自然と適度な利便さを兼ね備え、ペンション・店舗や私設美術館などを始める永住者も多く、様々なスタイルで田舎暮らしができるエリアです。
スローライフとは、スピードや効率を重視した現代社会とは対照的に、ゆったりと、マイペースで人生を楽しもうというライフスタイルを意味します。
スローライフは、大量生産・効率化といった考えとは反対に、時間的に余裕を持ってゆったりと生活しょう、という生活様式を意味します。
例えば、都会を離れ、地方の市町村で農業を営んで生活するというライフスタイルがこれにあたります。
山間の町村では過疎化に悩んでおり、都会から移ってくる人を歓迎することも多くなってます。
林業を営む山村では、若年の夫婦の移住を優遇するようなところまであります。