関西の田舎暮らし

関西の田舎暮らし

関西での田舎暮らしは、意外と人気スポットとして選ばれています。
「関西」とはどこからどこまでなのか、いろいろ範囲の決め方があるようですが、大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県の2府4県を「関西」とする場合が多いようです。
今回は、関西の田舎暮らしとしてその中から、和歌山県の田舎暮らしについてご紹介したいと思います。
和歌山県は、大きく紀北地方、紀中地方、紀南地方に分けられます。
紀北地方は紀の川があり昔から川の恵みを受けて人々は生活していました。
平野が殆どで、近距離に関西国際空港があります。
紀中地方は温暖多雨で、紀州みかんや梅が盛んに栽培されています。
海岸部には、観光名所・南紀白浜はじめリアス式海岸があり、海水浴や釣りを楽しむことが出来ます。
紀南地方は和歌山県の中でも温暖な地で、雄大な森林地帯があり有名です。
和歌山県の田舎暮らしのおすすめは、紀中地方ならばマリンスポーツも楽しめますし、車で少し走れば山もありますので余暇・レジャー派にはお勧めです。
また、温泉もありますから仕事や趣味で疲れた体を癒せます。
主に海でのんびりと余生を楽しみたい人には最適な土地です。
和歌山での田舎暮らしを、その自然の豊かさを感じたいなら、高原の大自然に包まれて暮らす、県立自然公園生石高原周辺がお勧めです。
生石高原は別名関西の軽井沢と呼ばれていて、高山植物はもとより小動物なども見ることが出来る自然環境に恵まれた環境にあります。
関西には他にも京都、奈良など歴史文化がしのばれる土地もあります。
関西での田舎暮らしは良い意味で、候補地選びに悩みそうですね。