岡山の田舎暮らし

岡山の田舎暮らし

岡山での田舎暮らしを取り上げてみたいと思います。
田舎暮らしというと、北海道、あるいは東京に近い田舎として、千葉や伊豆、あるいは日本の真ん中長野など、本州から上半分に偏っている感じもしますが、関西から南にも田舎暮らしの人気地はあります。
岡山県はなかでは田舎暮らしの候補として人気があります。
岡山県は古来「山陽道」のまん中の位置にあり、中国地方・四国地方の交通の要として、重要な位置にあり、古代から大和地方と並ぶ「吉備の国」発祥の地として栄え、多彩な産業・経済・文化を盛んにする大きな役割を果たしてきました。
田舎暮らしの地として人気の高い岡山県の理由を考えてみると、一年を通して雨が少なく温暖な気候で住みやすいことから、「晴れの国」と呼ばれているその環境のよさがあると思います。
また、岡山県は、温暖な気候、豊かな自然、歴史などに裏付けられた観光名所がたくさんあります。
中でも有名なのが、白壁の町並みが残る「倉敷美観地区」、西日本屈指の高原リゾート「蒜山(ひるぜん)高原」、中国山地のいで湯「美作(みまさか)三湯」、日本三大名園に数えられる「岡山後楽園」などです。
岡山県は、中北部の大半の市町村では過疎化・高齢化が進んでいますが、その対策として、岡山県と県下の市町村では、田舎暮らしを希望する団塊世代・中高年の方々を対象に、さまざまな移住(iターン)支援制度を用意しています。
こうした行政の支援サービスは、田舎暮らしを実現するのにはとてもメリットがありますので、その種の情報を日頃から収集されることをお勧めします。

岡山県の田舎暮らし事情

熟年夫婦の田舎暮らしを紹介する「人生の楽園」というテレビ番組が人気となっていますが、ストレスの多い現代社会では、都会の喧騒を離れて、のんびり田舎暮らしを楽しみたいと考えている方も多いことでしょう。
岡山県は、南は瀬戸内海をはさんで四国に、北は山陰地方に接し、東は兵庫県、西は広島県に接しています。
昔から中四国地方の交通の要衝として重要な位置にありました。
県南部では穏やかな瀬戸内海とそこに浮かぶ多くの島々が美しい自然を形成し、県北部では緑豊かな山々と美作三湯として全国的に有名な温泉に恵まれています。
春は高原でのんびり、夏は海で涼しく、秋は紅葉狩り、冬は雪山でスキーや温泉…と四季折々で地域の特色を満喫できます。
また、温暖な気候や豊かな自然に恵まれ、昔から美味しいものがいっぱいです。
岡山県では、岡山県に興味のある方、田舎での生活に興味のある方に向け、県内観光情報や県内の豊かな自然の情報、農林漁業体験ができる施設の情報などを、具体的に定住を検討している方に、生活・就業をサポートする施策・研修などの情報を提供しています。
UIJターン希望者へ、各市町村の定住支援に関する制度を紹介します。
くらし・住まいのサポート。
定住時の大きな負担の1つが住まい探しです。
住宅建築費や家賃の補助などを実施している市町村もあります。
就職・就農のサポート。
Uターン就職セミナーや、就農体験研修などを実施している市町村もあります。
教育のサポート。
子育て支援のために出産祝金や通学補助などを実施している市町村もあります。