房総の田舎暮らし

房総の田舎暮らし

熟年夫婦の田舎暮らしを紹介する「人生の楽園」というテレビ番組が人気となっていますが、ストレスの多い現代社会では、都会の喧騒を離れて、のんびり田舎暮らしを楽しみたいと考えている方も多いことでしょう。
千葉県房総のうち半島である部分を房総半島と呼び、現代ではこの部分のみを単に房総ということが多く、東部は九十九里浜が延び、九十九里平野が広がり犬吠埼が最東端になります。
南部は房総丘陵が広がり、南房総国定公園に指定されています。
最南端は野島崎です。
気候は温暖な太平洋側気候を呈し、特に南房総と呼ばれる半島南部は、菜の花で有名な観光地帯となっています。
東京より特急で安房鴨川までは約2時間。
東京湾横断道路も開通し、交通アクセスの多様化による千葉県・南房総の新しい時代がやって来ました。
千葉県は海の観光地として有名ですが、少し内陸に入れば、のどかな農村地帯が広がり、海と山、街と里がほどよく調和しています。
海の幸・山の幸を同時に楽しみたい方には、絶好の田舎暮らしを楽しむことができるエリアです。
都会で生活する人にとって、「田舎」は癒しのキーワード。
海・山・森・川などの自然に学び、自然の中で暮らす「田舎暮らし」のライフスタイルは人間本来の姿なのです。
季節の花々に囲まれ、鳥のさえずりで目を覚ます「田舎暮らし」。
身の回りに自然を感じて暮らしたいと考えている人は確実に増えています。
千葉県南房総では、四季折々の楽しみが残る住みやすい場所です。
一度訪れた人がまた訪れたくなる場所でもあります。