福島の田舎暮らし

福島の田舎暮らし

熟年夫婦の田舎暮らしを紹介する「人生の楽園」というテレビ番組が人気となっていますが、ストレスの多い現代社会では、都会の喧騒を離れて、のんびり田舎暮らしを楽しみたいと考えている方も多いことでしょう。
福島市は福島県の北東部に位置し、県の中心猪苗代湖から北東へ約50km、東京から北へ約260kmの距離にあります。
古来より奥州街道と板谷峠経由の米沢街道や茂庭経由の羽州街道との分岐点であり、交通の要衝として栄えた土地です。
現在でも国道13号の起点であり、。
鉄道では、東北新幹線と山形新幹線の分岐点となっています。
また、福島県は、首都圏からの距離も比較的近く、全国3番目の広い県土に、バラエティに富んだ自然が広がっており、多様な田舎暮らしが実現できる県です。
温暖な浜通り、四季鮮やかな中通り、歴史と伝統の会津地方。
福島県は、地域によって個性ゆたかな様々な表情を見ることができます。
四季折々に表情を変える自然の中では、「ちょっと住む」のも、都会と福島を行ったりきたりして「ときどき住む」のも、定住して「ずっと住む」のも、どんなスタイルでもお好みのままです。
温かな人情と語り部が伝える多くの民話。
安全安心な食材で作られる郷土料理や、昔から変わらない穏やかな暮らし。
水質日本一の猪苗代湖(4年連続)や荒川、世界遺産の調査が入ったブナ林、広大な森に抱かれた阿武隈高地など、福島の美しい自然に抱かれて暮らす人々の風景は、いつの日も変わらずに訪れる人々を迎えてくれます。