北海道の田舎暮らし

北海道の田舎暮らし

熟年夫婦の田舎暮らしを紹介する「人生の楽園」というテレビ番組が人気となっていますが、ストレスの多い現代社会では、都会の喧騒を離れて、のんびり田舎暮らしを楽しみたいと考えている方も多いことでしょう。
北海道は、かつてはアイヌ(日本とロシアにまたがる北方先住民族)が住む土地で、アイヌ語で「アイヌモシリ」(人間の住む土地)と呼ばれていました。
日本人はアイヌを蝦夷(えぞ)、北海道を蝦夷地(えぞち)と称していましたが、明治時代「北海道」と名づけられました。
北海道では、素材、食材そのものがおいしいので、家庭内において、日常的においしいものが食べられるのが最大の魅力です。
それは、第一次産業が中心であること、豊かな大地と自然のおかげでしょう。
北海道は農業大国です。
広い大地を生かして、畑も広々としており、大規模農業が主です。
北海道の代表的な農作物と言えば、米、麦、とうきび(とうもろこし)、ジャガイモ、かぼちゃ、豆類、ビート(てんさい)、メロン、サクランボなどが有名ですが、キャベツや白菜、葉物、トマトやナス、キノコなど様々な種類の農産物が生産されています。
北海道の各市町村では、様々な移住定住施策が用意されています。
内容は以下のようなものです。
住宅や土地取得のための助成・農業漁業等への就業支援・単身勤労者向け賃貸住宅の建設・空家情報の収集と提供・就業のための情報提供・移住体験ツアーやショートステイ実施などです。