愛知県の田舎暮らし

愛知県の田舎暮らし

熟年夫婦の田舎暮らしを紹介する「人生の楽園」というテレビ番組が人気となっていますが、ストレスの多い現代社会では、都会の喧騒を離れて、のんびり田舎暮らしを楽しみたいと考えている方も多いことでしょう。
愛知県は、太平洋に面し、大きく分けて、尾張地方、西三河地方、東三河地方の3地域より構成されています。
特に尾張と西三河の2地域は、江戸幕府の開祖である徳川家康を初めとして、多くの戦国武将を出した地域としても有名で、なかでも西三河には、トヨタ自動車などの自動車産業が集積立地しています。
気候は、太平洋岸気候区に入り、暖候期は高温・多雨、寒候期は小雨・乾燥するという特徴があります。
田舎暮しを始めたものの、新しい土地に馴染めないという場合も考えられます。
移住前に土地の様子を知るために、短期、長期のツアーを組んでいる自治体もあります。
愛知県では、同県出身者を中心に自然や文化の豊かな県南部で三泊四日過ごしてもらう「移住体験モニターツアー」を実施しています。
気軽に田舎暮しを体験できるということで、移住を促進するだけでなく、移り住む側にとっても無理のない定住が期待できます。
また、花祭りの里・東栄町では「田舎暮らし のための 体験 講座」を開催しています。
将来田舎暮らしをしながらブルーベリーやキノコ栽培など農業を楽しんだり、山遊び、川遊び、祭りへの参加など自然な生き方を求める人々を対象にした、定住のための体験講座です。