田舎暮らしと別荘

田舎暮らしと別荘

近年、都会暮しの人や、仕事が一段落し第2の人生を歩む人たちの間で「田舎暮し」が注目を浴びています。
「もっと人と深い関わりがほしい」「自然と親しむ生活がしたい」など憧れや、理由は様々です。
「田舎暮し」のメリットは自然の美しい景色、そして、きれいでおいしい空気と水が味わえます。
広い土地や、なんといっても都会と違って自分のペースに合わせたゆったりとした生活を送ることができます。
定年退職後の方や団塊の世代の方たちは、「第2の人生」「人生最後の贅沢」として、田舎暮らしの別荘「セカンドハウス」を持つことがとても多くなってきています。
自分の「ふるさと」の土地に別荘を建てる人もいれば、「リゾート」を求める人もいます。
海、山、温泉、渓谷、森林…と憧れの場所は沢山あります。
また、別荘もその場所にあった外観と利便性があるり、例えば、那須や軽井沢などの「高原」には、三角屋根で、窓の大きいのが特徴のアメリカの「リンダルシダー」社の別荘の造りが、とても絵になります。
また地域でおすすめなのは千葉県の「南房総」です。
葉県外房エリアは太平洋に面した海洋性気候の地域で、冬暖かく夏涼しいすごしやすい地域です。
66kmにも及ぶ九十九里浜は、海岸線や砂浜を活用してマリンスポーツや観光漁業などの海浜レクリエーションを年間を通じて楽しむことができます。
また、房総丘陵の豊かな森林資源や美しい渓谷に囲まれた中で、豊富な農林産物に恵まれているエリアでもあります。