田舎暮らしと古民家

田舎暮らしと古民家

「古民家」という正式な建造物としての名称はありません。
しかし、一般的には築年数が半世紀以上前のもので、「茅葺き屋根」、「土間」、「太い柱と梁」など、伝統的な様式を持つ民家が「古民家」と呼ばれています。
黒光りした立派な大黒柱や梁など材料も欅(けやき)や栗などいろいろ使われていますが、現在手に入れようとしたら驚くほど出費を覚悟しなければならないような高価な素材がふんだんに使われているのも古民家の特徴です。
また、古民家は当たり前ながら、シックハウスやアトピーなどの原因となる新建材や合板などの有害物質を含んだ素材がないので人間の体や自然に負担をかけない、環境にやさしい建築ともいえます。
木材は、数百年経っていても再生が可能といわれ、リサイクルが可能で、水や空気を汚すことがありません。
古民家はその土地土地の環境に適した生活に合わせた建物です。
古民家は、そういう意味から農作業をするのに適した造りになっていることが多いので、都会の住宅、特にマンションなどと比べて暮らしに快適さを求めるのは困難です。
憧れだけではなく、実際にそこに住んで暮らすと言う観点から見ていかなければなりません。
その違いは、例えば壁の間仕切りがない、トイレが屋外にある、水洗ではない、台所が裏手の離れた所にあるなどがあげられるでしょう。
最近では全国各地、「古民家」物件を扱っている専門不動産もありますが、取得条件は、当の田舎へ仲間入りする分けですから、田舎で大雪とされる人付き合いが苦手な人とか、別荘感覚で週末利用という人には向かないかもしれません。
「古民家」を単なる郷愁や憧れだけで求めるのは意味がありません。